希少 HAYASHI 【SALE/60%OFF】 CRAFT 林クラフト HS-15 10500円 【希少】HAYASHI CRAFT HS-15 林クラフト おもちゃ・ホビー・グッズ 楽器 器材 林クラフト,おもちゃ・ホビー・グッズ , 楽器 , 器材,【希少】HAYASHI,CRAFT,HS-15,/aspace499283.html,loveourcity.com,10500円 希少 HAYASHI 【SALE/60%OFF】 CRAFT 林クラフト HS-15 林クラフト,おもちゃ・ホビー・グッズ , 楽器 , 器材,【希少】HAYASHI,CRAFT,HS-15,/aspace499283.html,loveourcity.com,10500円 10500円 【希少】HAYASHI CRAFT HS-15 林クラフト おもちゃ・ホビー・グッズ 楽器 器材

希少 HAYASHI SALE 60%OFF CRAFT 林クラフト HS-15 【SALE/66%OFF】

【希少】HAYASHI CRAFT HS-15 林クラフト

10500円

【希少】HAYASHI CRAFT HS-15 林クラフト

商品の状態目立った傷や汚れなし
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域東京都
発送までの日数1~2日で発送






HAYASHI CRAFT HUMBLE SUGAR HS-15の出品です。 所謂ダンブルオーバードライブスペシャルのサウンドです。 2018年秋に楽器店より通販で中古品を購入しました。 手元に残しておこうと思いましたが、私の腕では弾きこなせず、弾いていただける方にお譲りしたいと思います。 状態ですが、動作確認は問題なし、外観も室外への持ち出しは行っていませんので、目立つキズ無く、美品と思いますが、あくまで中古品ということをご理解の上ご購入をお願いします。(ハンドメイドなので元々筐体に小傷はあるようです) 滅多に中古市場に出回ることも無いようで、この機会にいかがでしょうか。 外箱、取説あり、付属品は写真に写っているものが全てです。 即購入OKです。 トラブル避けるため、お取置き、専用には対応していませんのでご了承ください。 ~以下Webサイトより販売店レビュー~ さて、今回ご紹介する「HS-15 HUMBLE SUGAR」ですが、今までいくつものHAYASHI CRAFTの歪がある中で、最もマイルドでスイートなサウンドを狙いました。角が丸く、耳心地のいい、伸びやかさが狙いでした。 数回のテストを行い、実現したこの製品は、期待以上に素晴らしく、完璧な仕上がりでした。最近流行りのサウンドはどこか音が抜けすぎる気がします。ハイファイというか、耳に痛い。そんな最近の流行りから少しだけ反らした製品かもしれません。気持ちよくオーバードライブします。さらにお勧めの使い方としてご紹介したいのが、ゲインを絞ってのブーストです。クリーンより気持ちクランチにしたサウンドにブーストさせればより太くまとまったサウンドに。EQの幅も広いので音作りも自由自在です。 是非お試しいただきたい製品です。

【希少】HAYASHI CRAFT HS-15 林クラフト

TODAY SONGS

今日のうた

藤川千愛
鼠色の青春がループ。

 2022年4月27日に“藤川千愛”がミニアルバム『ちょっとそこまで昨日を迎えに』をリリース。既に発表されているTVアニメ『盾の勇者の成り上がり Season2』エンディングテーマ「ゆずれない」、昨年放送されたテレビ東京系 ドラマParavi『にぶんのいち夫婦』オープニングテーマとなった「片っぽのピアス」の他、新曲5曲が収録されております。  さて、今日のうたコラムではそんな最新作を放った“藤川千愛”による歌詞エッセイを3週連続でお届け!今回が最終回です。綴っていただいたのは、今作の収録曲「 そんなんばかりループ 」に通ずる短編物語。朝の通学から、家に帰ってひとりになるまで。一日のなかの桜子の心模様を、歌詞と併せてお楽しみください。 『おいおい桜子ちゃん、将来は競輪選手にでもなるつもりかい!?』   桜子は学校での控えめな存在とは裏腹に、漫才師がするように自らにツッコミを入れ、自虐を込めて自分を鼓舞した。   制服が可愛いという理由だけで選んだ高校まで、桜子は片道50分を掛けて自転車通学している。今でこそ50分で通えるが、入学当初は1時間以上掛かったことを考えると、自転車を漕ぐという能力に関してはかなりの成長だと思う。   そう考えると、今更だけど、入学時から毎朝の自転車通学をYouTubeで配信しておいたら良かったと桜子はちょっぴり悔やんだ。女子高生がただただ必死に自転車を漕ぐ映像は案外と需要があるかも。   雨の日も、風の日も、雪の日も、ただ淡々と毎日、自転車を漕ぐ姿を更新するのだ。徐々に登録者数が増え、やがて50分の壁を越える頃には、必死にペダルをまわす桜子を応援するニッチなファンの輪は世界中にまで広がり、たまたまその中のひとりがクリスティアーノ・ロナウドで、たまたまそのロナウドが、『桜子のあきらめない姿はバロンドールレベルだ』なんてツイートしちゃうものだから、それがきっかけでたまたま大バズリして、今頃はスッキリあたりで特集されていたかもしれないのに…なんて、たまたまが多めの壮大な現実逃避をしてみた。   アップダウンを繰り返す田舎道、それでも妄想をしている間はいくらかペダルが軽く感じられる気がして、桜子は毎朝毎朝、こうして人気者になる妄想をした。   そんな全力でペダルをまわす桜子のすぐ脇を、一瞥もくれずに原付バイクが追い抜いて行った。同じクラスの田中だ。クラス内カースト制度でいえば、私よりも更に控えめな存在の田中のバイクは、自分の存在をしっかりと主張した光沢のある美しいあさぎ色をしていた。田んぼと畑ばかりのこんな田舎町よりも、なんだかパリだとかロンドンだとかが似合いそうなバイクだった。   『田中のくせに・・・』 桜子は田中を少しだけやっかみ、そして見直した。   パリやロンドンはおろか、東京にすら行ったことがなかった桜子だが、いつかあんなバイクで一人旅をしてみたいとも思った。   夏休みに女子高生が旅をしながらの配信も需要があるかも。そして、たまたまお忍びで日本に遊びに来ていたアリアナ・グランデに声を掛けられて…なんて妄想をしかけたが、学校が近づくにつれてそんな思いは勢い良く萎んでいった。   校舎の屋上から吊るされた女子バレーボール部と俳句部の全国大会出場を祝う巨大な垂れ幕を目にしたからだ。部活動で結果を残して、しっかりと青春を謳歌しているクラスメイトと、朝から気持ちの悪い妄想ばかりしている自分とを比べて、急にすべてが阿呆らしく感じたのだ。   今日はもう早退したい、そんな思いを引きずりながらなんとか教室に入ると、同じ中学出身の吉沢のまわりに人垣ができていた。聞けば、TikTokに挙げたダンス動画がバズり、ローカル局ながらバラエティ番組でも取り上げられたらしく、一夜にして吉沢はちょっとした有名人になっていた。   『吉沢、あんまり好きじゃないけどさ、今のうちにサインでも貰っておく? 今度、EXILEの事務所のオーディションとか受けるらしいよ』 隣の席の朋美が教えてくれた。桜子は返事の代わりに、朋美にしか分からないように、おちゃらけて白目を剥いてみせた。何故だかそうでもしないと涙がでそうだったから。   桜子は大きく息を吐き、クラスを見渡した。今日は自分以外の皆がキラキラと幸せそうにも見えて、なんだかやるせなかった。       なりたい自分はいつも 駆け足で逃げていく 残された私は今日も 愚痴ばかりこぼす   ちっぽけな夢なんかじゃ 埋もれちゃう気がするから 叶いそうもないことを あれこれ並べたんだ   そんなんばかりループ そんなんばかりループ そんなんばかりループ そんなんばかりがループする   世間様の基準から はみ出して我が道行けばいいと これじゃ凡人の極みですが 特別になりたい 世間様に後ろ指刺され それでも自分を信じてやる これじゃ凡人の鑑ですが 特別になりたい       教室から見る空の色は、不機嫌そうな鼠色だ。 青春を青い春などと最初に言った奴は分かってないと桜子は思った。     昼休みに、桜子は思い切って田中に声を掛けてみた。 『あのバイクの緑色、綺麗だね』   急に話しかけられた田中は、一瞬怪訝そうな表情を浮かべたが、話の内容がバイクのことと分かると、自分はバイクのレストアが趣味で、全国で古いバイクを見つけては修理してピカピカに磨き上げ復元していることを教えてくれた。その工程をYouTubeにもアップしているらしい。興味があったら見てみてと、ご丁寧にチャンネルをラインまでしてくれた。   桜子はレストアの話よりも、田中の声がミスチルのボーカル、桜井和寿の声に似ていることの方が気になってしまった。クラスでこのことに気がついているのは多分自分だけで、自分しか知らない秘密を抱えたようにも思えて、ちょっとだけ得した気分になった。     家に帰ると、桜子は教えて貰った田中のYouTubeチャンネルを見てみた。   原付バイクのレストアというマニアックな内容にも驚いたが、どの動画も再生数が10万回を超えており、田中は学生ながらその筋ではかなり有名な存在であることを知った。読めはしなかったが、コメント欄には英語やフランス語のメッセージがいくつも書かれていた。中には声が桜井和寿に似ているとのコメントも見つけられた.   『見なければ良かった』 桜子は酷いこと言ってると思いながらも、えも言われぬ悲しみに包まれた。   バイクじゃないから断られるだろうけど、今度、私の自転車もレストアしてくれないか田中に頼んでみよう。そして、あさぎ色のバイクとあさぎ色の自転車でコラボ動画が撮れないか頼んでみよう。ひょっとしたらクリスティアーノ・ロナウドやアリアナ・グランデが観てくれるかもしれない.     <藤川千愛> ◆紹介曲「 そんなんばかりループ 」 作詞:藤川千愛 作曲:藤永龍太郎(Elements Garden) ◆ミニアルバム「ちょっとそこまで昨日を迎えに」 2022年4月27日発売 初回限定盤 COZP-1904/5 ¥4,000(税込) 通常盤 COCP-41759 ¥1,800(税込)    <収録曲> 1. たしかなことって 2. ゆずれない 3. 手のひらの中で 4. ゆびさきから 5. 片っぽのピアス 6. そんなんばかりループ 7. 覚醒前夜

BACK NUMBER

Uta-Net SELECT

歌ネット・セレクト

ANTIDOTE / 向井太一

僕が持ちうるものすべてを君にぶつけたいんだ。暗くなったり、閉じこもったりする気持ちを“解毒”してくれる全11曲!

もっと見る

クロマチック / 藍色アポロ

愛は十分伝えたかい? 下北沢発4人組バンド!日常の曖昧さや周囲とのズレ、人の感情を剥き出しにしたニューアルバム!

もっと見る

舌打 / 変態紳士クラブ

見てる奴らは見てる、そう信じて声枯らしてく。今日も必死に生きてく奴らへ。3人組ジャンルレス・ユニットの最新作!

もっと見る

生活に、寄り添い. / bokula

駄目駄目な背中と間抜けな手首、どっちもどっちだね。真っすぐな歌声と共感力の高い歌詞で寄り添う、広島発バンド!

セーラームーン ジグソーパズル